ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 食材 > 「デブ菌」がダイエット失敗の原因!? 撃退に有効な神食材とは…

「デブ菌」がダイエット失敗の原因!? 撃退に有効な神食材とは…


現代女性の多くが関心を持っている“ダイエット”。特に露出が増える夏は、ダイエットに励んでいるという女性も少なくないでしょう。
ドクターシーラボでは、19〜22歳の女子学生360名を対象に、「ダイエットとその一因となる“デブ菌”」に関する独自調査を実施しました。
今回はその調査結果と、太りやすくなる原因“デブ菌”を減らすために有効な食品についてご紹介します。
 
デブ菌とヤセ菌…理想的な比率は?
最近よく耳にする“デブ菌”や“ヤセ菌”という言葉。どちらももともと私たちの体に存在する腸内細菌の一種ですが、実は正式名称があります。
“デブ菌”の正式名称は“ファーミキューテス”。消化されたものをエネルギーとして体内に溜め込む性質があります。
一方、“ヤセ菌”と呼ばれる“バクテロイデーテス”は脂肪の吸収をおさえたり燃やしたりする働きがあり、これらの菌の比率によって、肥満またはヤセ体質なのかを識別できるといわれています。
両者はともに私たちの体に不可欠な細菌のため、理想的なのは“4(デブ菌):6(ヤセ菌)”のバランスで存在すること。
そしてこの比率が“デブ菌”に偏ることで太りやすくなってしまうため、“デブ菌”が増えないように日頃から意識をすることがダイエットには重要です。
 
「デブ菌」減らしに有効なのは?半数が知らない事実
同調査では、まず、「過去ダイエットで失敗したことがあるか」と質問。「失敗したことがある(59.7%)」と答えた約6割の方に、「“デブ菌”を知っているか」を聞いたところ、「知っている」と答えたのはわずか27.9%という結果に。
次いで、「“デブ菌”を知っている」と回答した方に、“デブ菌”の減少をサポートする最も有効な食材として挙げられる“発酵食品”と“デブ菌”の関係性についての認知調査をしたところ、「知っている(50.0%)」と答えた方は半数にとどまりました。
今回の調査から、“デブ菌”を減らすには発酵食品が有効だということを、ダイエット失敗者の多くが知らないという真実が明らかに。
“デブ菌”過多になっている人の腸内は、不要なものまで溜め込んでいる状態のため腸内環境を改善することが何よりも大切です。そこで効果的なのが納豆やヨーグルトなどの発酵食品。これらを毎日食べることでダイエットにつながるのです。
 
毎日でも摂取したい!オススメ発酵アイテム
毎日手軽に摂取できる発酵食品としてはヨーグルトが一般的ですが、『美レンジャー』の過去記事「これなら続けられる!美味しくキレイに“発酵アイテム”名品3つ」では、積極的に摂取したいオススメ“発酵アイテム”として、次の2点をご紹介しています。
1:甘酒+乳酸菌!ジュースのように飲みやすい『ちほまろ』
“飲む点滴”といわれるほど栄養価が高い甘酒。女優やモデルの間でも愛飲者が多いことでも有名ですよね。しかし、その独特の味や食感が苦手な方もいるのでは?
まろうど酒造の『ちほまろ』は甘酒を乳酸菌で発酵させたドリンクで、やさしい甘酸っぱさとトロリとした口当たり。甘酒独特の飲みにくさがまったくなく、甘酒が苦手な方でも美味しくいただけます。乳酸菌まで入っているから、疲労回復や美容効果だけでなく、便秘にも効果的。
2:納豆が苦手でもトライしやすい『塩納豆』
塩納豆とは、納豆に麹、昆布、塩などを混ぜて発酵させた山形県酒田市の特産品。
中でも老舗の加藤敬太郎商店の『塩納豆』は麹の香りがふわっと広がり、まろやかな味わい。いくらでもご飯がすすむ美味しさです。納豆独特の香りも少ないので、納豆が苦手な方でも食べやすいかもしれません。
 
ダイエットしてもなかなか効果が出ないという方は、上記を参考に、毎日の食生活に発酵食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
 


・え…魚フライ弁当級も!? 「コンビニ冷やし麺」カロリー総まとめ
・え…同窓会!? 今始めれば間に合うかも「効率的にやせる方法」まとめ
・ダイエットにササミはOKorNG?管理栄養士に聞く「食材の真実」に驚愕
・え…1本でケーキ1個分!? 500mlペット入「炭酸飲料のカロリー」まとめ
・食欲がスッと静まりダイエットにも!「瞑想のやり方」を講師が伝授

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード