ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 運動 > ヨガ > 【特集】いい水・いいオイル・いい泥を!一生使えるオーガニック術

【特集】いい水・いいオイル・いい泥を!一生使えるオーガニック術


【早坂香須子さんとは】
アロマテラピーやオーガニックコスメに造詣が深い、ビューティディレクター&メイクアップアーティスト。雑誌やSNSで発信される独自のビューティメソッドにファンが多く、執筆活動、講演、商品企画・開発など幅広い分野で活躍されている。

ストイックな食事療法でオーガニックの力を体感

ーー早坂さんはメイクアップアーティストとして活躍されていますが、同時にオーガニックコスメやインナーケアのエキスパートとしても知られています。どのようなききっかけで興味を持ち、知識を身につけられたのでしょうか?

「私が【オーガニック】や【インナーケア】に興味を持つようになったのは、20代前半に【世にも美しいダイエット】という食事療法を実践してから。主に青菜をエネルギー源とした、低糖質ダイエットなのですが、ストイックに一年間続けてみたら、中学生の頃から悩まされていたアトピー体質が治ったんです。植物の力を体感し、肌や身体は食べ物でできているという当たり前のことを再認識。大きな意識変換になりましたね。

ストイックな食事療法をきっかけに、ヨガを始めたり、アロマテラピースクールで精油について学んだり、どんどん連鎖的に興味の対象が広がっていきました」(早坂さん)

ーー食が最初の出合いであり、【オーガニック】に魅了されるきっかけだったんですね。オーガニックコスメにはどのように出会われたのですか?

「アロマテラピーを学んでいたので、オーガニックの精油を自分でブレンドしたオイルなど、いわゆる【キッチンコスメ】を愛用していました。そのほか、自然食品店や海外で気になるものをチェックしたり。

ただ、本当の意味でオーガニックコスメに出会ったのはロケで訪れたハワイですね。SPFの強い日焼け止めで入念に紫外線対策をしていたのですが、日差しを浴びて汗をかいたら、全身の毛穴という毛穴が炎症を起こし、血がにじむくらいになってしまって…俗に言う紫外線アレルギーですよね。

マウイ島のオーガニックスーパーに駆け込み、店員さんにSOSを求めたところ、オススメされたのがナッツから抽出されるタマヌオイル。ねっとりとした質感で匂いもエグみがあって、決して使いやすいものではないのですが、言われた通りに毎日全身に塗っていたら、10日を過ぎる頃には全身の炎症がかさぶたに変わって剥がれ落ち、帰国する頃にはきれいな肌が現れたんです。

知識としてはありましたが、植物オイルの【薬効】を身を持って学んだ経験でした。その後も汗疹をホーリーバジル配合の化粧水で治したり、植物の力に救われることが多く、いつしか選ぶものは食べ物もコスメも【オーガニック】の割合が増えていました」(早坂さん)

オーガニックで美肌を叶える【いい水・いいオイル・いい泥】

ーー現在は『ネロリラ ボタニカ』の製品開発、プロデュースも手がけられている早坂さん。クレイマスク、化粧水、オイルというシンプルなラインナップですが、何か理由があるのでしょうか?

「『いい水、いいオイル、いい泥があればキレイになれる』というのが私の信条で、それを体現したのが『ネロリラ ボタニカ』。シンプルステップの時短というよりも、大人の肌に本当に必要なものだけを作りたいと考え抜いた結果の3アイテムなんです」(早坂さん)

「『アースマスク』と名付けたクレイマスクは、沖縄産の海底泥クチャと九州産のシリカ、竹炭などを配合。毛穴の奥の汚れや余分な皮脂をしっかり吸着し、クリーンな肌に整えてくれます。肌がワントーン明るくなるので、デコルテまで伸ばして使うのがオススメです」(早坂さん)

ーー私も愛用していますが、毛穴が引き締まるだけでなく、顔がキュッと小顔になるような感じがします。

「使った後に目に見えて違いが分かるんですよね!私も今日のような写真撮影がある日には、朝のケアに欠かせません(笑)」(早坂さん)

「クレイの後に使うのは、化粧水『ブルーミングシャワー』。奈良県・天河神社周辺で、長い年月をかけて石灰岩層で磨かれたミネラル豊富な【ごろごろ水】をベースに、佐賀県産のジャパニーズネロリとダマスクローズの芳香蒸留水、アロエベラ、茶葉水、茶花水などを配合したとても贅沢なもの。サラッと軽いタイプのミストですが、クレイで整えた肌にぐんぐん吸い込まれて、ふっくらと仕上がります」(早坂さん)

水分と油分は一緒に与えてふっくら肌に仕上げる

ーーミストの粒子が細かく、ネロリの香りがふわっと広がって心地いいです。そして、もうひとつがオイル美容液『インテンシブビューティーセラム』。オーラソーマのカラーセラピーのような佇まいが美しいですね。

「ピンク色の水液層にはビタミン豊富な植物のエッセンスを、オレンジ色のオイル層にはタマヌオイルやローズヒップオイルなどを配合。これ一本で抗酸化、エイジングケア、抗炎症を叶えてくれます。

仕事でメイクをする時、いつも化粧水とオイルを手のひらで混ぜてモデルの肌に馴染ませていたのがアイデアになっています。単体で重ねていくよりも、良質の水分と油分を一緒に与える方が肌への浸透力がよく、ふっくらと仕上がるんですよね。

後から知ったのですが、カラーセラピー的にこの組み合わせが意味するのが【再生】。【肌・心・土壌の再生】をブランドのテーマに掲げていたので、教えてもらった時は『ピッタリ!』とスタッフと盛り上がりましたね」(早坂さん)

ーー【土壌の再生】とは、どういう意味なのでしょうか?

「化粧品開発のお話をくださった『ビーバイ・イー』は、こだわりをもった生産者さんと密な関係を築き、日本の農業をサポートするモノづくりを行なっている会社です。そもそも『ネロリラ ボタニカ』も、後継者がいなくて放棄されているみかん畑を有効活用できないか?とスタートさせたのが始まりです。

私はいろいろな局面で植物の力に救われてきたので『ネロリラ ボタニカ』を通じて、たくさんの方にオーガニックの魅力を伝えていきたいと思っています。肌ケアに遅いということはありません。ダメージ肌にこそ一度使ってみてほしいですね」(早坂さん)

【早坂香須子さんプロフィール】
看護師として大学病院に勤務した後、メイクアップアーティストに転身。国内外のモデルや女優から支持されている。近年ではメイクの枠にとらわれることなく、元看護士という医学的知識と観点からインナービューティーの提案やオーガニックコスメプロデュースなど、多岐にわたり活躍している。

撮影協力/シンシア・ガーデン
写真/よねくらりょう

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード