ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 運動 > ヨガ > それ、毒素がたまりすぎ!? 彼から避けられる前にクレンズ的習慣

それ、毒素がたまりすぎ!? 彼から避けられる前にクレンズ的習慣


長期的に取り組みたいクレンズ習慣

疲れやすい、口臭がする、痩せにくい、脂肪がつきやすい、便秘がひどい、ホットフラッシュがある・・・。それって、毒素がたまっているからかも?

これらを解消するには、クレンズがオススメ。嫌なにおいや鈍いオーラを察して、彼があなたから離れる前に、早めに始めませんか?

クレンズとは、消化器官を休めることで、体内の浄化を促す方法。代謝アップや免疫力がつくとされています。ハリウッドセレブやモデルが行っていることで話題になった、ファスティング法です。

一定期間、固形物を取らず、野菜やフルーツを使ったジュースを三食、食事の代わりに飲むことで、ダイエット効果やデトックス効果が期待できるのです。

体から自然に老廃物を出すのは便、尿、汗など。中でも、圧倒的に老廃物をデトックスしてくれるのが便です。体内毒素の70%以上が、排便によって排出されます。クレンズで一時的に消化器官を休めると、胃腸の機能が復活、体の流れがよくなるために毒素が洗い流され、結果として太りにくい体へも導いてくれるというわけです。


徐々に体を慣らしてから開始

クレンズそのものは断食と同じような行為なので、しっかりと準備をしてから始めましょう。徐々に食事の量を減らしていき、体と心を慣らしていきます。

その際、糖質は控えめに。糖度の高いものばかり食べていた人は、その依存度が高いもの。急に糖質制限をすると頭痛がしたり、イライラしたりと、精神的な影響が大きくなることもあります。クレンズ中に頭痛がしたら、頭痛薬を飲む前に糖分を補給してみましょう。病気ではなく血糖値の急激な変化によるのかもしれません。それでもよくならなければ無理は禁物。クレンズを中止してください。


毒素をためない生活

クレンズで短期間に体をクリーンにするのもいいのですが、日ごろから毒素をためないことも大切。

例えば、肉など消化に時間がかかるものを食べたら、翌日は野菜スープのみとルールを決める。胃腸の負担が減って、体が軽くなります。

日常の飲み物にお茶を選ぶこともクレンズに。活性酸素を抑え「不老のお茶」と呼ばれるルイボスティーや、高い利尿作用で知られるハト麦茶、生薬名「十薬」(ジュウヤク)と呼ばれるドクダミ茶などは、デトックス効果が高いことで知られています。温かいお茶なら体を冷やすことなく続けられますね。

クレンズは重くなった体を軽くするのに効果的。いきなり短期型のクレンズに挑戦するのは難しくても、クレンズ的な習慣で簡単に長期的に続けることになります。


クレンズ的な習慣

・ 水分をしっかり取る

・ ハーブティーなど毎日のお茶にこだわる

・ 消化に時間のかかるものを食べたら胃腸を休める

・ 質のいい睡眠を心がける

・ 規則正しい食事をする

・ 体を冷やさないようにする

取り入れたいのは、少しの心がけ。チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ライター:幸雅子

出典:『ヨガと食事』/「体内を浄化してスッキリと クレンズで体が生まれ変わる」

監修:川端理香(管理栄養士。元日本オリンピック委員会強化スタッフ。オリンピックチームやプロサッカー選手などアスリートの栄養・食事指導、一般を対象にした講演なども行う。)


引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード