ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 運動 > ジム > ぽっこりお腹に…骨盤を歪ませる危険な生活習慣

ぽっこりお腹に…骨盤を歪ませる危険な生活習慣


下半身太りは、女性の大きな悩みですが、「骨盤」を歪ませると、下半身が太りやすくなることをご存知ですか?

◆骨盤が歪む日常生活をしていると、下半身太りが加速?
下腹ポッコリ、ヒップがたるんでる、太腿が太い、足首がない等々……下半身太りは多くの女性の悩みです。エクササイズやマッサージをしてみても、なかなか結果が出ないというあなた。もしかしたら骨盤が歪んでいるのかもしれません。

骨盤が歪んでいると下半身の老廃物が滞りやすくなり、むくみやセルライトを誘発してしまいます。その状態で筋トレをしても、美しい筋肉をつけることは難しいもの。

まずは、骨盤を歪める危険性がある姿勢になっていないかチェックし、今すぐ改善してしまいましょう。日常の振る舞いは、無意識に行うため、積み重なると改善するのに時間を要します。早めの改善で骨盤美人になっちゃいましょう!

骨盤おブスなA子さんの日常を例に、骨盤を歪ませる代表的な生活習慣をご紹介します。当てはまっていたら危険度大ですよ。

◆骨盤おブスなA子の日常
何気なく行っているその振る舞い。もしかして「骨盤ブス」かもしれません。下記の動作、してませんか?

◆ 基本姿勢がおブス状態
骨盤ブスなA子は、無意識に次のような姿勢になっています。

・首が左右どちらかに傾いている
・あごが上がりすぎ、下がりすぎ
・肩の高さが違っている
・猫背でO脚である
・立っている時、いつも決まった脚に重心をかけている
・脚を組んで座る時、いつも同じ脚を上にして組んでいる
・ショルダーバッグはいつも同じ側の肩にかけている
・無意識に下を向いて歩いている
・片方の靴だけ変形する
・ヒールのかかとの外側がへりやすい

【解説】

すべての動作の基本は「姿勢」です。姿勢が悪いと骨盤の歪みを誘発します。まず、姿勢は正しいポジションを心掛けましょう。また、筋肉の血液循環を悪くしますので、ストレッチもお忘れなく。まずは歪みチェックを行ない、歪みを誘発する動作を1つずつ、改善しましょう。

◆脚を組んでだらしない座り姿勢……腰痛や肩こりが悩み
骨盤をつぶすように座っていて、骨盤のポジションが悪くなっているのが骨盤おブスなA子の座り姿勢。座るとすぐに脚を組む習慣があり、気づけばいつも同じ脚ばかりを上に組んでしまうのも特徴。骨盤から繋がる脊椎にも負担がかかり、いつも腰痛や肩こりに悩まされています。

【解説】
まず、骨盤を体重でつぶすような姿勢は歪みを誘発するので注意が必要です。脚を組む際に、同じ脚ばかりを上に組んでいると、上の脚の骨盤が上がってしまい、左右のバランスも歪んでいきます。脚の長さが左右で違っていませんか?

◆運動習慣ナシ! 休日はいつもゴロゴロ
平日はデスクワークに忙しく運動する時間はなし。休日は疲れ切ってゴロゴロしたまま1日を過ごします。ジムは幽霊会員状態。最近は、駅の階段を昇っただけで、息切れが……。このままじゃいけない!と、自宅でヨガを始めたものの、身体が固すぎて、つらいなぁ……と三日坊主に……。

【解説】
筋肉は加齢とともに細くなるので、筋肉維持のために鍛える必要があります。筋肉は、骨盤をシッカリ支え、正しいポジションにキープしてくれます。柔軟性のある筋肉は、女性らしいボディラインに不可欠。

では、骨盤美人は、どのような日常を送っているのでしょうか?

次に「骨盤美人B子の日常」をお届けします。A子とB子、2人の違いを比べてみてください。そして、あなたはどちらに近いでしょうか?

◆骨盤美人B子の日常
骨盤美人B子はどんな日常生活を送っているのでしょうか? 彼女の日常を下記にピックアップ!

◆待ち時間も骨盤を意識して姿勢をリセット
骨盤を意識して姿勢を保つことはもはや習慣。駅のホームで電車を待っているとき、信号待ちのときも、姿勢を正して呼吸をコントロール。基本の正しい姿勢を保ち、リセットしています。

【解説】
待ち時間も、右脚に重心をかけたら、左脚にも重心をかけ、交互にバランスをとるのが重要です。重心をかけるときも、骨盤のポジションを意識し、骨盤が「立つ」ように、腹筋と背筋で引き締めるのがポイントです。姿勢はすべての動作のカナメ。意識ナシでは姿勢を保つことはできません。

◆些細な仕草も体幹部を意識
オフィスで仕事中でも、体幹部を意識。書類を差し出したり、電話を取ったりするときも、職場での好感度がアップするように、正しい姿勢を意識しています。デスクワークの時は体幹を意識すると、だらっと座るよりも疲れにくいのです。

【解説】
オフィス動作も気を抜くと、身体を歪ませる動作が多いもの。「歪み」と言う面だけではなく、体幹部を意識すると、オフィスでの好感度もアップします。また、デスクワークが多い方は座る姿勢を意識するか否かが、骨盤の歪みに大きく影響します。

◆エクサを取り入れ筋力キープ
仕事が忙しくて、ジムに行く時間はないけれど、通勤時間を利用したウォーキングで筋力アップ。速度や歩幅を広げると1駅多く歩くだけでも、だんだんと効果を感じられます。
あとは、オフィスや自宅でできる「ながら美容トレーニング」も行い、帰宅後も音を立てずにできる運動で、インナーマッスルを鍛えています。

【解説】

美しい骨格をキープしたいなら、日常動作に加えて、「筋力アップ」は不可欠です。筋力が低下したら骨を支えられないでしょう。時間がない日もすきま時間を有効に活用して無理なく筋力アップを目指しましょう。

このように「骨盤美人B子」はちょっとの心掛けを毎日続けているから美をキープできるんですね。骨盤ブス&骨盤美人……貴女の日常は、どちらに近いでしょうか?

◆骨盤美人になる3ステップ
骨盤を正しい位置にキープすることは、美容面でとても大切なことだと分かりましたか? 骨盤をはじめとする美しい骨格をキープするには、下記の3ステップを試してみましょう。

ステップ1:骨盤を歪ませない生活習慣
ステップ2:骨盤を整えるストレッチ
ステップ3:骨格を支える上質な筋肉

これら3つが整ってはじめて「骨盤美人」になれるのです。骨盤が整うと、下半身全体の血流量も滞ることがありませんので、むくみやセルライトの予防にも繋がります。日常生活から見直して骨盤の歪みを解消しましょう!

骨盤おブスと骨盤美人の違いは分かりましたか? 骨盤の歪みチェックができたら、続けて、骨盤を整える方法や姿勢仕草の改善に努めていきましょう。

文=長坂 靖子

本記事は「All About」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード