ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 食材 > > カロリー制限要らず!「低インシュリンダイエット」のコツを伝授!!

カロリー制限要らず!「低インシュリンダイエット」のコツを伝授!!


低インシュリンダイエットとは?

低インシュリンダイエットは、食事で血糖値を整えるダイエット法です。食事をして血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上昇すると、すい臓からインシュリンというホルモンが分泌されて、各細胞に糖をエネルギー源として送りこみます。そのインシュリンが過剰に分泌されると糖が脂肪として蓄積されていまい、肥満の原因になります。
では、なぜインシュリンが過剰分泌されるのかというと、血糖値が急激に上昇することが原因です。その反対に血糖値の上昇がゆっくりであればインシュリンの分泌は過剰にはならず、糖が脂肪として蓄積することはありません。この作用を利用してダイエットに繋げるのが低インシュリンダイエットです。

低インシュリンダイエットの方法

低インシュリンダイエットは、血糖値の急激な上昇を抑えてインシュリンの過剰分泌を防ぎ、脂肪の蓄積を防止して脂肪燃焼へと繋げていきます。
インシュリンは血液中の糖を消費するのを促す作用と、消費せずに残ってしまった糖を脂肪細胞まで運搬し蓄積させる作用を併せ持っています。そのためインシュリンの分泌が抑えられると、糖が脂肪細胞へ運搬されにくくなり太りにくくなります。
低インシュリンダイエットの主な方法としては普段食べている食べ物のGI値を知り、それよりもGI値の低い食べ物に置き換えるという方法です。GI値とは簡単に言うと、どれだけ血糖値が上昇しやすいかという目安になる数値です。数値が高いほど血糖値が上昇しやすくなります。
例えば白米100gのGI値は84です。それを玄米100gに置き換えるだけでGI値を56まで減らすことができるという訳です。このように、同じ量の食べ物でもGI値が少ない食べ物に置き換えるだけで効果が期待できるということです。
できるだけ簡単に低インシュリンダイエットをする場合は食べて良い食べ物と、そうでない食べ物に分類し意識して食べ物を選ぶことが大切です。

低インシュリンダイエットのメリット

低インシュリンダイエットのメリットは、カロリーを制限しないで良いということです。注目すべき点はカロリーではなくGI値です。カロリー制限をするダイエットは、エネルギー不足になって体力が落ちたり、脂肪ではなく筋肉や骨が痩せてしまうことがあります。
また多くの場合がストレスになるのでリバウンドしたり、基礎代謝が落ちたりと身体にとって悪影響になることがいくつもあります。その反面、低インシュリンダイエットはカロリーを制限しないので、今挙げたリスクが軽減されます。

低インシュリンダイエットのポイント

低インシュリンダイエットを成功に導くためには、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。
まずは食事を1日3食、きちんととるということです。低インシュリンダイエットは食事制限をするわけではありません。バランスの摂れた食事は、健康的に痩せるためにとても大切です。また食べるものは食物繊維が多いものを心掛けましょう。
さらに、硬いものを選んで食べるようにすることも大切です。硬いものは自ずと噛む回数が増え満腹中枢を刺激し、食欲を抑えることができます。肉も食べて構いませんが、極力脂肪の少ない赤身の肉か鶏肉がオススメです。
そしてここが1番重要なポイントですが、低インシュリンダイエットをしているからと言って運動をしなくてもいいという訳ではありません。脂肪を燃焼させるためには運動が何より効果的です。適度な運動は日常的に心掛けましょう。


・適量の断食は身体のバランスを整える プチ断食ダイエット
・正月太りを残さない!解消するためのダイエット方法
・デトックス効果もあるって本当?絶食ダイエット
・餅は太るって本当?太りにくい食べ方や適正量について
・健康的に痩せたい!痩せるための食事方法とは

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード