ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 病気 > がん > スクワットで脚が太くなるのは、誤ったフォームが原因?

スクワットで脚が太くなるのは、誤ったフォームが原因?



ダイエットを目的とした筋トレのはずが、狙った部位以外が必要以上に太くなることがある。例えば、スクワットで太ももやふくらはぎが太くなってしまい悩む女性もいる。
これにはどんな理由があるのだろうか? また、その回避策を、トレーニングスタジオ・マナレアの黒沢歩さんに教えてもらった。

スクワットをすると脚が太くなるのはなぜか


黒沢さんは、日頃から自身のトレーニングスタジオで、女性の美しいボディづくりの指導をしている。そこで今回は、スクワットで脚が太くなる原因を教えてもらった。

「スクワットで脚が太くなってしまうのは、股関節を上手く使えずに、膝関節をメインに使ってスクワットをしてしまった、ということが理由として考えられます。
膝関節を使うと、太ももとふくらはぎの筋肉を使うことになるため、結果的に脚に筋肉がつきやすくなるからです」

黒沢さんによれば、膝関節をメインに使う場合、正しいフォームではない可能性があるという。

「よく、『スクワットでしゃがんだ時に、爪先が膝よりも前に出ないように』と言われますが、スクワットを初めてやる場合、膝が爪先よりも前に出てしまいます。それは、日頃から股関節よりも膝関節を使っている証拠です。
こうした誤ったフォームの場合、脚が太くなることがあるだけでなく、続けると膝関節を痛めてしまう原因にもなります。しっかりと股関節を曲げる意識でスクワットをしていただくといいと思います。
股関節を意識すると、主に大臀筋(だいでんきん)というお尻の筋肉を使うため、お尻が引き締まります」

筋トレは、意識する部分、筋肉を使う部分によって鍛えられる部位が変わってくるということだ。…

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード