ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 未分類 > ダイエットにも最適な「ベリーダンス」とは?基本の動きを動画で解説!

ダイエットにも最適な「ベリーダンス」とは?基本の動きを動画で解説!


「ベリーダンス」は、妖艶で煌びやかなイメージがありますが、女性向けのエクササイズとしても人気ダンスの一つです。
楽しく踊れて、エクササイズ効果もあるベリーダンスは大人からでも気楽に始められるので、趣味を探している方には最適です。
そこで今回は、ダイエットに最適なベリーダンスの基本の動きを動画で解説するとともに、東京でおすすめのベリーダンス教室をご紹介します。
ベリーダンスを継続して、ダイエットを成功させましょう!

  1. ベリーダンスとは
    1. ベリーダンスで着る衣装
  2. ベリーダンスの効果
    1. ベリーダンスの基本のやり方
      1. ヒップドロップ
      2. シミー
      3. スネイクアームズ
      4. ヒップサークル
    2. 効果を出やすくするコツ
      1. 東京でおすすめのベリーダンス教室
        1. アルカマラーニ 四谷スタジオ
        2. 舞 Bellydance Studio
        3. NOAダンス教室

      ベリーダンスとは

      ベリーダンスは、中東およびその他のアラブ文化圏で発展したダンススタイルです。ベリーダンスは、セクシーな腰の動きと露出の多い衣装が特徴で、女性の魅力を存分に発揮できるダンスだといえるでしょう。

      ベリーダンスは、イスラム時代以前のエジプトで口承によって伝えられていました。起源は諸説存在しますが、地中海世界・中東・アフリカと関係が深いのではないかと考えられています。その理由は、紀元前5世紀ほど昔のものといわれるエジプトの墓の壁画に、ベリーダンサーと思われる半裸のダンサーが描かれているためです。また、12世紀から13世紀にかけてのペルシアの細密画にもベリーダンスの描写が見られます。これらの事実から、ベリーダンスの歴史の長さや、ベリーダンスがいかに人々に愛されていたかが窺えます。

      現代においては、ベリーダンスはエクササイズ目的として紹介されることが増えています。ベリーダンス特有の腰の動きはくびれ作りに役立ちますし、露出の多い衣装には、ダイエットのモチベーションを維持する効果が期待できます。ダンススタジオでベリーダンスを習うのはもちろんのこと、自宅でエクササイズDVDを見ながらダイエットに励む方も多いですね!

      ベリーダンスで着る衣装

      Orientalísimo ®さん(@orientalisimo)がシェアした投稿 –


      ベリーダンスで着る衣装は、”トライバル”と呼ばれるブラのようなトップスにロングのスカートorパンツを合わせます。さらに、ヒップスカーフを重ねることで腰の動きを強調します。ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーも多用され、全体的に華やかかつ煌びやかに仕上げます。

      長く伸ばした髪は、ほとんどの場合おろした状態で踊ります。長い髪も、女性らしさを強調させるための大事な衣装と考えられているのです。

      ベリーダンスの効果

      ベリーダンスの効果が顕著にあらわれる部位は、ウエストです。ベリーダンスは腰をくねらせるような動きが主なので、それによってくびれが作られます。さらにベリーダンスを継続することで、ヒップアップ効果や脚痩せ、二の腕痩せにも効果が期待できます。そのうえ、姿勢が矯正されるためバストアップ効果もあるのだとか。ベリーダンス、恐るべし。

      ベリーダンスがもたらすメリットは、ダイエット効果だけではありません。実は、ベリーダンスには精神を安定させる効果まであるといわれているのです。それは、身も心も解放的に踊ることによって、ストレスが解消されるためだと考えられます。日頃のストレスを解消するために、ベリーダンスを続けている方も多いようです。

      ベリーダンスの基本のやり方

      ヒップドロップ

      「ヒップドロップ」は、ウエストに注目を集めるために腰を強く腰を振る動きです。ゆったりと振るのではなく、アクセントをつけて腰を打つように一気に持ち上げ、落とす、持ち上げる、落とすを繰り返します。

      ヒップドロップは、まず足の位置を決めます。片足を一歩前に出し、つま先を床につけ膝を少し曲げます。もう一方の足は、膝を伸ばしたまま足裏をべったり床につけましょう。この足が軸足となります。軸足のつま先をやや外側に開いたら、足の位置はOKです。
      次に、ウエストの筋肉を意識して、腰を持ち上げます。前ではなく、横に持ち上げることを意識して、お尻が出ないように注意しましょう。
      今度は、腰を元の位置に戻します。このとき、立てた足のかかとが落ちないように気を付けます。

      シミー

      「シミー」は、膝を交互に後ろに伸ばし、お尻と足を揺らす動きです。ベリーダンス初心者には難易度が高い動きだといえるでしょう。

      シミーは、膝を完全には伸ばし切らずに、少し緩めた状態で止めておくのがポイントです。徐々にスピードアップし、お尻と足を揺らしましょう。

      スネイクアームズ

      「スネイクアームズ」は、その名の通り腕をヘビのように動かす動きです。スネイクアームズは、ベリーダンスの柔らかさを表現する大事な動きなので、レッスンを継続してマスターしましょう。

      スネイクアームズは、ひじ、手首、指先の順番で持ち上げます。これを、左右交互に繰り返すことによってヘビのような動きを生み出します。動きを曖昧にせず、ゆっくりしたスピードで練習しましょう。

      ヒップサークル

      「ヒップサークル」は、腰で丸く大きな円を描いていく動きです。ウエストや脚痩せに効果抜群の動きなので、しっかり覚えましょう。

      ヒップサークルは、まず足を肩幅に開きます。体重を片方の足に乗せ、もう一方の足はつま先を床につけましょう。
      次に、体重を乗せた方の腰をプッシュします。今度は、腰を前にプッシュします。このとき、両方の足のかかとをしっかり床につけ、膝は曲げて緩めましょう。そして、反対側に腰をプッシュして、最後はお尻を後ろに引きます。このとき、膝は伸びた状態で、上半身は前に倒しましょう。

      効果を出やすくするコツ

      ベリーダンスによるダイエット効果を出やすくするには、お尻を出したいわゆるへっぴり腰の状態ではなく、骨盤を中に入れた”タックイン”の状態を意識しましょう。また、有酸素運動であるベリーダンスは、呼吸を意識することもポイントです。動きに集中していると息を止めてしまっていることが多々あるため、ダンスを踊っている間は深い呼吸を心掛けましょう。

      そして、1番重要なのが正しい動きをすることです。ダイエットのためにベリーダンスを始めても、動きが間違っていると大きなダイエット効果を得ることはできないでしょう。ベリーダンスのダイエット効果を最大限得るためには、ベリーダンス教室に通うことが最適なのです。

      東京でおすすめのベリーダンス教室

      アルカマラーニ 四谷スタジオ

      Sally0109Ayaさん(@sally0109aya)がシェアした投稿 –

      「アルカマラーニ 四谷スタジオ」は、丸の内線・四谷三丁目駅より徒歩5分のベリーダンス教室です。毎年、発表会やカンパニー公演を行っているので、レッスンの成果を発表できるのが嬉しいですね!

      料金システムは、入会金無料の月謝制です。体験レッスンは1,500円、通常レッスンは週1回月4回のレッスンで10,000円など、詳しくは下記URLよりホームページをご覧ください。

      講師は、日本のベリーダンス界の草分け的存在といえるMAHAさんです。MAHAさんは、1992年にカリフォルニアラカーサフェスティバル日本人として初参加した後、NYやCAで数多くのダンサーにベリーダンスを学んだ経験豊富なダンサーです。現在も現役ダンサーとして活動しています。

      教室名:アルカマラーニ 四谷スタジオ
      住所:東京都新宿区四谷4-13 CB四谷四丁目ビル202
      アクセス:丸の内線「四谷三丁目駅」より徒歩5分、都営新宿線「曙橋」より徒歩9分。
      四谷三丁目交差点消防博物館を右手に見て新宿通りを新宿方向へ進む。ホテルウイングを過ぎ中華屋とヤマト運輸の間を右に入る。2つ目の路地、『カフェバー風』を左に入り4軒目のビルの二階奥です。看板は『Studio Sun and Moon』です。
      電話番号:03-3351-3157
      施設情報備考:着替えスペースあり
      HP:http://www.alcamarani-doc.com/

      この記事をシェアする
      WRITER
      奥平 望
      奥平 望

      引用元:この記事を読む


      おすすめダイエット商品

      今人気のダイエット商品はコレ!。

      01位

      めっちゃたっぷりフルーツ青汁

      ★★★★★

      GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



      キーワード