ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 未分類 > トレンドは14万?「激アツ警報が発令中」の春の海外渡航先トップ3

トレンドは14万?「激アツ警報が発令中」の春の海外渡航先トップ3


春です。お出かけの季節ですね。彼と、海外旅行に行きたくなっている女子もいるのではないでしょうか? トリップアドバイザーの「春の海外人気旅行先ランキング」で、ガチで日本人から人気がある春の渡航先が明らかになっています。旅行にかかる2人あたりの費用目安とともに、ご紹介していきます。次回のラブ旅行の参考にしてみてください。

海外旅行の予算はひとりあたり約14万がトレンド!?

日本人旅行者が、最近休暇で海外旅行で費やした1人あたりの旅費(宿泊と航空券代)の平均額は約140,000円だそう。

そこで、2017年3月1日から2017年5月31日の期間において、ひとりあたり約140,000円の旅費で、日本人に人気の海外の観光地で最も滞在数を長くできる旅行先を調べ、1室2名での宿泊として2名での滞在を想定し算出したのが同ランキング。

これなら、GWのラブ旅行先も選べます。

さて、気になるトップ3はどこの国でしょうか!?

3位:バンコク(タイ)

同ランキングで、3位になっているのが「バンコク(タイ)」です。

2人あたりの平均航空券代は12万1,600円、平均宿泊費は13,700円という試算になっています。

ちなみに、この試算は3つ星クラス以上のホテルを対象にしているそうですので、「ホテルが汚くて、彼とラブラブになるどころかテンション下がっちゃった!」なんて事態は避けられる計算です。

“微笑みの国”とも呼ばれるタイなら、彼と笑顔になれるチャンスも多そう。

バンコクには水上マーケットや市場もあるので、ローカルショッピングを楽しむデートもいいですよね。

2位:ホーチミン市(ベトナム)

続いて、同ランキングで2位になっている都市が「ホーチミン市(ベトナム)」で、平均航空券代は10万6,800円、平均宿泊費は13,300円だそう。

ベトナム最大の都市で、フランス植民地時代の名残が残る建造物もあり、フォトジェニックな写真もたくさん撮れる滞在先。

ベトナム料理は野菜をふんだんに使っているのでヘルシーですから、ややダイエットが気になっているカップルでも安心して滞在できます。

筆者はベトナムを訪れた際、他の渡航先と違い、体重が増えませんでしたよ!

1位:クアラルンプール(マレーシア)

そして、同ランキングで1位になっているのが「クアラルンプール(マレーシア)」でした。

平均航空券代は11万1,600円、平均宿泊費は11,500円という資産になっていますので、トップ3のうちでもホテル滞在費を一番抑えられる渡航先となっています。

クアラルンプールは急速な進化を遂げている近代都市としても知られ、観光スポットへは電車での移動も可能。イメージと違う女子もいるのでは?

ちなみに、マレーシアは多民族国家なだけあって、バラエティ豊かなグルメが楽しめる渡航先でもあります。

以上、GWを含む春の人気旅行先ランキングをご紹介しましたが、今年はどのあたりに渡航しようと狙っていますか?

ひとりあたりの予算が14万円あれば、2人で28万円使えますので、滞在先を選ぶのにもグルメを堪能するにも、グッと選択肢が広がります。

14万円あったら、あなたはどこに行きたいですか?

【参考】

春の海外人気旅行先ランキング – トリップアドバイザー

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード