ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 病気 > がん > 人はなぜ太るのか?やせ体質になるメソッド紹介!

人はなぜ太るのか?やせ体質になるメソッド紹介!


はじめまして。
忙しい40代でも美しくやせる!食べ痩せスリムデザイナーの藤井 香江と申します。

あなたは太っていること、すぐに太ってしまうことに悩んでいませんか。

「どうしたら太らない身体になれるのだろう」

毎年、いろいろなダイエットに挑戦するも失敗してばかり。次から次へ出てくるダイエット商材や情報。
いったい何を信じたらよいかわからない時代に突入しています。
ここではあなたが健康にやせて美しくなるために、「何をどう食べたらやせるのか。」ヒントとなる情報をお伝えさせていただきます。

さて、突然ですが「人はなぜ太るのでしょうか」
いろいろな理由がありますが、多くの場合は『栄養不足』=栄養バランスの乱れです。

過食・早食い、少食・欠食、単品食いなどの食習慣

忙しければ忙しいほど、私たちは食事を疎かにしがちです。コンビニ食でお腹を満たせばいいや。この健康食品を食べていれば安心だろう。
その結果、いくらダイエットをがんばってもやせない。挫絶、リバウンドを繰り返し、最後はそんな自分が嫌いになる…。

驚くべきことに、私たちの身体は、食べれば食べるほどやせる仕組みができています。
「栄養バランス」のよい食事を続ければ続けるほど、自然に体脂肪が落ちて、スリムになるのです。
その理由は、身体に必要な栄養がしっかりと巡り始め、体内循環がよくなるから。
その結果、自然に代謝が上がり、体脂肪をため込まない身体になれるわけです。

大事なのは「質」より「バランス」

私たちの身体は特定の良質食材、青汁、やせる食材。どれか1つの食品の栄養素だけこだわっても代謝は上がらず、やせません。

たとえ、質のいいオーガニック食品にこだわっても、ある栄養素が不足していれば、消化・吸収ができず、身体にとり込まれないのです。

そのために必要なのが代謝を助けるビタミン・ミネラルなどの栄養素。

・糖質をエネルギーにかえる(=代謝)には
ビタミンB1。

・脂質をエネルギーにかえるには
ビタミンB2。

・たんぱく質をエネルギーにかえるには
ビタミンB6。

これらの必要な栄養素を含む食材を組み合わせて、身体に摂りいれることで、栄養バランスが整って代謝がアップ。自然とやせる「やせ体質」になれるのです。

そのための理想の食事スタイルは「まごわやさしい」という頭文字を含んだ
「1汁3菜」といわれます。

**********************
「ま」は豆
(大豆、豆腐、納豆、油揚げ、あずき、高野豆腐など)
良質な植物性たんぱく源。

「ご」はごま
(ごま、アーモンド、ピーナツ、くるみ、栗、松の実など)
やせる栄養素といわれるビタミンB群、カルシウムなど。

「わ」はわかめ
(わかめ、ひじき、のり、昆布など)
食物繊維や豊富なミネラル。

「や」は野菜
(ほうれん草、小松菜、トマト、にんじん、キャベツなど)
ビタミンCやβ-カロテンがが豊富。

「さ」はさかな
(鯖やいわしなどの青魚、赤身魚、白身魚など)
DHAやEPA、アンチエイジングなどにも有効。

「し」はしいたけ
(しいたけ、まいたけ、しめじ・エリンギなど)
食物繊維、ビタミン・ミネラルの宝庫。

「い」はいも
(じゃがいも、山芋、さつまいも、さといもなど)
根菜類は腸内環境を整える。

******************

これらの多種多様な食品を組み合わせ、各栄養素をバランスよくとることこそが、
やせ体質になる方法なのです。

とはいえ、急に生活を変えるのは難しいものです。

普段の生活の中で、たんぱく質を摂る時は、ビタミンB6を含む玉ねぎと一緒になど、代謝を上げるための食材をとり入れるという意識を持つだけでも、あなたは変われます。身体を労わる気持ちがわいてきます。

一生元気で、楽しい人生を送れるように、何歳になっても、スリムで美しい身体でいられるように。
「まごわやさしい」食生活をぜひ、意識したいですね。

【あなたにおすすめの記事】
■太い脚は生活習慣のせいだった!自宅で簡単♪足痩せトレーニング
■ダイエット中に甘いものが食べたくなった時の対処法!
■ストレスフリーなダイエット方法3選
■痩せやすいのは夏?それとも冬?
■ダイエット中でもOK!簡単おつまみ×糖質オフレシピ

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード