ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 未分類 > 酒好きには難しいダイエット法

酒好きには難しいダイエット法


規則正しい食事は不自然?

毎日規則正しく食事をとることが健康の秘訣だと私たちは思っている。しかし、本当に朝、昼、晩と規則正しい食事が自然の状態だろうか?野生動物のドキュメンタリーを見ると、肉食動物のみならず草食動物ですら空腹を抱え、餌を求めて移動している。人間だって、狩猟採取民だった時は、規則正しい食事など考えもできなかっただろう。農耕が始まり、文明が発達しても同じだ。一部の人を除いて、多くの人がいつも空腹を経験して生きていた。

この長い空腹こそが私たちの自然の姿で、飽食の時代これを再現することで健康が取り戻せるのではと考える人は多い。例えば絶食療法だ。しかし、空腹時間が長くなるということは、食事もとらないということで、これまでの研究では健康の改善が見られたとしても、食事制限のせいなのか、空腹時間を長く経験したのかを決めることはできていなかった。

空腹の影響を調べる臨床試験

様々な困難を克服し、間違いなく空腹時間を延ばすことで糖代謝異常を改善できることを示す論文が米国ペニントン生物医学研究所からCell Metabolismに発表されたので紹介する(Sutton et al Early time restricted feeding improves insulin sensitivity, blood pressure, and oxidative stress even without weight loss in men with prediabetes(糖尿病予備群の男性が早い時間から食べるのを制限すると、体重の減少なしにインシュリン感受性、血圧、そして酸化ストレスが改善する)Cell Metabolism 27:1-10, 2018:https://doi.org/10.1016/j.cmet.2018.04.010)。

空腹時間の影響だけを抜き出して研究するためには、他の条件をできるだけ一定に保つ必要がある。ところが、食事制限の研究はどうしても自己申告と努力によるところが多く、不正確になるのが避けられなかった。この研究では、参加者全員に3食全く同じ食事を食べてもらい、しかも完食したかどうか見張りまでつけて、全員が同じカロリーを摂取するようにしている。メニューを見て見ると、鶏肉中心のヘルシーなものだが、日々の食事としてはご馳走と言っていいだろう。

さてこの試験の対象者だが、A1cヘモグロビンが高く、血中ブドウ糖を下げる力が低下した、糖尿病予備群と呼ばれれる人たちだ(かくいう私もその一人)。この条件を満たす12人のボランティア全員に、先に述べた同じ食事を完食してもらう。ただ、半数は一般的な食事時間で、朝食6-8時、昼食12-14時、夕食18-20時の間に摂ってもらう。これが比較の対照群になる。

次に実験群だが、朝食は6-8時と同じだが、昼食を9-11時、そして夕食を12時ー14時の間に食べてもらい、あとは全く食事をとらない。これによって、対照群では夕食から朝食までの空腹時間が12時間、それに対して実験群では18時間の空腹時間が生じることになる。

驚くべき空腹の効果

この生活を5週間続けて、5週目に様々な検査を行って空腹時間を延ばす効果を調べている。

全員が同じ食事をとっているおかげで、5週間後の両群で体重の差はない。また、当然のことながら空腹時血糖や血中コレステロールなどにも大きな差は見られない。

ところが、

1)血中インシュリン濃度が半分近くに減る、

2)インシュリンに対する反応性が上昇する、

3)血圧が10mmHgも低下している、

4)2週を過ぎると空腹を感じなくなった、

という大きな変化が、実験群で見られることが明らかになった。

わかりやすくいうと、空腹時間を延ばすことで、それまでインシュリンを大量に分泌することで血糖を抑えていた体が、少ないインシュリン量で正常状態を保てる体に改善されたことになる。一方、脂肪細胞の活性が高まることによる炎症性のメタボ状態を改善することがないこともわかった。こちらの方は、他のダイエット方法で対処する必要があるだろうが、同じだけ食べても空腹時間を伸ばすだけで大きな効果が得られている。

感想

この研究は、規則正しい食事より、空腹を経験する方が私たちの体が持っている摂理に近いことを示している。もちろんカロリー制限も重要だが、メタボを改善したいと思っている人たちが十分考慮に値する結果だと思う。

私もぜひトライして見たいと思うが、この実験で採用された食事のスケジュールだと、どうしても昼に夕食をとることになり、仕事中に飲むわけにはいかず、お酒を飲む機会が失われる。できたら、アルコール付きで、朝を飛ばして12時朝食、15時昼食、18時夕食+アルコールの効果も確かめてほしいと思う。このスケジュールでも18時間の空腹時間を確保できるはずだ。

「仕事の効率が落ちる」と声が聞こえるが、規則正しいことを尊ぶ現代社会にはもともと無理なダイエット法かもしれない。

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード