ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 食材 > > 食べて痩せる新常識! “足し算ダイエット”って何?

食べて痩せる新常識! “足し算ダイエット”って何?


ダイエット

痩せる機能は、食べることで働きだす。

お腹についたお肉にたぷたぷの二の腕。今度こそダイエットで何とかしたい! そう決意したときに多くの女性がまず考えるのは、いわゆる“ヘルシー”な食生活では? 例えば朝はサラダとヨーグルト、お昼は軽めに野菜サンドにして、夜は蒸し野菜だけ。ご飯は太るからやめて、油もできるだけ摂らないようにして…。一見効果がありそうに思えるけれど、

「この食べ方では、まず痩せられません」

そう断言するのは、管理栄養士の伊達友美さん。

「体に熱を作り出し、内臓を正しく機能させる。そのための栄養素がまったく足りていない状態です。キレイに痩せたければ、もっと食べなければダメ!」

食べないと痩せない。そのメカニズムと、栄養学に基づいた正しいダイエット法を教えてもらった。

栄養不足は熱不足。脂肪を溜めやすい体に。

ダイエットを志す女性が栄養不足の罠にはまってしまう理由は、

「食べ物をカロリーベースで考えているから。少しでもカロリーの低いものを、という選び方をしているうちに、必要な栄養素が抜け落ちてしまう。そもそもカロリーは太るか痩せるかの単位ではなく、熱量、つまりその食べ物が代謝されて生み出されるエネルギーの大きさを表す単位です。数値が大きいほど代謝も高くなってたくさんの熱が生まれ、脂肪も燃えやすくなる。つまり、贅肉を減らすためには欠かせないものなのです」

カロリーを控えると一時的に体重が落ちることがあるけれど、

「熱を作れないとわかると、体はすぐに省エネモードに切り替わる。代謝が落ちて、かえって脂肪を溜め込みやすくなります」

痩せないからとさらにカロリー制限をして、ますます冷えが進み、代謝が落ちて…と悪循環に陥ってしまう。これを避けるためには、

「カロリーにとらわれず、栄養ベースで必要なものを選び、食事にプラスする。足し算で食べることがコツです。ダイエットの敵とされている油や糖質も、正しく選べば大丈夫ですよ」

ちなみにしっかり食べているけれど痩せられない、という人は、

「必要ではないものを食べすぎている可能性が大。同じく栄養ベースで食事の内容を見直して。不要な食べ物を減らし、必要なものを足していくようにします」
 
30代は基礎代謝が落ちだす頃。

「これまでの食べ方を省みる絶好の機会です。正しいダイエット知識を身につけておきましょう」

食べないのに太る、恐怖の悪循環

ダイエット

栄養が足りないと体が冷え、代謝もダウン。余ったエネルギーが脂肪となって体に。その脂肪を落とすべく食事制限をするとさらに冷えて、と魔のスパイラルに。

伊達友美さん 管理栄養士、銀座医院勤務。「食べて痩せる」ダイエット法の第一人者。著書に『伊達式赤身肉レシピ』(弊社刊)ほか。

※『anan』2018年2月7日号より。イラスト・五月女ケイ子 文・新田草子

(by anan編集部)


#ダイエット記事をもっと読む。
#健康についてさらに読んでみる。
※一年の締めくくりに、大好きな香りに包まれたい。

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード