ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 食材 > > [女優 伊藤かずえさん]「食べるダイエット」で12キロ減!(上) 「デブ」「顔デカ」と呼ばれて……

[女優 伊藤かずえさん]「食べるダイエット」で12キロ減!(上) 「デブ」「顔デカ」と呼ばれて……


 女優として時代劇から学園ドラマ、サスペンスまで様々な役柄をこなし、バラエティーや旅番組にまで活躍の場を広げる伊藤かずえさん。年齢を重ねて太りやすくなり、ダイエットに悩んできましたが、料理研究家・柳澤英子さんが考案した「やせるおかず 作りおき」(やせおか)の料理レシピで、12キロの減量に成功して話題となりました。ダイエットの 秘訣ひけつ 、そして、女性としての人生などについて聞きました。(聞き手・塩谷裕一、菅谷千絵、撮影・横山聡)

 ※Path=小道や細道のほか、人生の進路や歩くべき方向などを意味する。

ネット検索で「伊藤かずえ=激太り」と!

伊藤2_re-325

――これまで様々なダイエットに挑戦してきたそうですね。

 事務所からは「太るな!」って言われ続けてきましたからね。ダイエットへの意識は何十年も持ち続けてきましたし、「コアリズム」「ビリーズブートキャンプ」「縄跳び」「グレープフルーツダイエット」など、あらゆるダイエットに挑戦しました。もちろん、役作りで体を絞らなきゃいけないときには、集中的に運動し、食事を減らしたりもしました。でも、どれも続かないんですよね。

  「伊藤かずえ」をネット検索すると、「激太り」って出てくるんです。その通りだと自覚はしていても、いつも「このままじゃ、まずい」と焦っていました。

 ――かつてはすごくスレンダーなイメージでした。

  太りやすくなったのは生活習慣のせいですね。ドラマの撮影に入ると、どうしても不規則な毎日が続き、体質が変わってしまったのでしょうね。

――伊藤さんのお嬢さんは高校1年生とのこと。お母さまの体重や見た目について何か指摘されることはありましたか?

  そりゃもう! 「デブ」「顔デカ」など、ひどいことを言われましたよ。

 ――それに対して、「じゃあ、やってやろう」と感じましたか?

 そう感じたとしても、言い返せないんですよ。「ホントにデブだし」って。

 そんな折、テレビ番組で「ダイエットに挑戦する企画」のオファーが来たんです。事務所も、いつもぐずぐずしている私を見かねていたのでしょう(笑)。

  最初は「番組で体重を公表するなんて……」と尻込みしていたんです。ところが「番組の放送は1日だけなので、みんなすぐ忘れちゃうから」などと事務所は言うんですよ。そう言われたって、「番組は1日だけでも、ネット時代だから、いつまでも残っちゃう」「ダイエット企画って、視聴率も高いよな」と考え、簡単に「やります!」とは言えませんでした。

  一方で、なかなか自力では痩せられない自分もいて、そんな番組企画があるのなら、すがりたいとの思いもありました。結局、渋々ながら出演を承諾したんです。

 食べるだけで体重が減り、「血管年齢28歳」に

 ――番組は、「しっかり食べながら、無理なく痩せる」がテーマでした。痩せるおかず、略して「やせおか」ダイエットが始まったのですね。

  2016年7月半ばから始まりました。料理研究家の柳澤英子先生と一緒にキッチンスタジオで、ダイエットレシピのおかずを毎週14種類作りました。もち麦やレタス、キノコ、ナッツ、ヨーグルトなど、血糖値が上がりにくい食材の組み合わせが中心で、どれも簡単に作れておいしいんです。

  これを1週間、レンジでチンして食べ続けただけで、体重が減っていきました。本当に食べるだけなのに3か月半で10キロも落ちたんですよ。何で痩せていくのかがよくわからなくて。

 ――キノコ類や野菜など、血糖値が上がりにくい食材の組み合わせが基本ということですね。

 40代、50代って年齢が進むと、代謝がどんどん落ちていく。若いときと同じように運動をしても痩せにくくなっているのはわかっていたんです。けれども、食べ物だけでこんなに変わるなんて、本当に目からウロコです。

 ――食べるメニューだけを変えたということですが、不規則になりがちな女優の仕事、生活は変わらなかったのですか?

  変わらなかったです。ダイエット企画の番組収録は夏場でしたが、外でロケがあるときは、作りおきのおかずに保冷剤を入れて、お弁当にして持っていくようにしました。

 ――おすすめ料理を一つ教えてください。

  私のオリジナルレシピですが「イワシのバルサミコ酢」です。フライパンで焼くのですが、面倒だったら、レンジでチンしてください。すごくおいしいですよ。

 ――続いていますね。

  ゆるゆると、1年たちましたけど、リバウンドもしていません。おなかいっぱい食べているので、ばてることもないです。食べることって、本当に重要ですね。肉や野菜、卵や納豆は毎日欠かさず食べています。

 健康診断では、血管年齢が28歳と測定されるまでになりました。

――すごい!

  うれしくて。それを聞いて、「ああ、私、28歳!」みたいな気分になりました(笑)。

 このダイエット法を始めてから、多少、不規則な生活になっても、食生活だけ気にしていれば、運動しなくても太らなくなりましたね。もともとあまり運動はやりたくない方ですし(笑)。やった方が本当はいいのはわかっているのですが。

――ぜひ、その秘訣を知りたいのですが。

  運動はしなくても、食事はしないわけにはいかない。まずは、糖質を多く含んだ炭水化物は一番最後に食べる習慣をつけることが第一です。

――まずは食べる順番からですか?

 はい、食べる順番。これはかなり効果的です。

「みんなに教えたい」……レシピ本を出版

伊藤12_re

――そしてレシピ本「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」(小学館)を出版するまでになった。

 体重だけでなく、体調も良くなったので、「ぜひ、私と同じ世代の人たちに教えてあげたいな」と思ったんです。

――この本には「42歳の頃から急激に太り始めた」と書かれています。

 そうですね。太りだした当時は、「お酒を飲み過ぎているんじゃないか」「怠けているんじゃないか」などと言われるようになり、本当につらかったですね。

――そういう年齢になったのでしょうか。

 はい、更年期にさしかかったことも理由の一つだと思います。この世代はみんなそうですよね。

 婦人科健診で先生に「体質が変わるのは更年期のせいなんですか?」と聞いたら、「更年期は誰にでも来る。女性はみんな幼年期、青年期、更年期、老年期と進んでいくのだから、症状が軽いか重いかの違いだけで、50歳前後になると、みんなに来るのですよ」と言われました。

 過激なダイエットをしたりすると、30代で更年期の症状が来る人もいるみたいです。

――無理なダイエットは体を痛めますからね。

 そう。体を痛めるし、肌もかさかさになります。あまりに急激に体重を落とすと、しわになります。体重と違って、しわはできると戻らない(笑)。

――怖い。

 「やせおかダイエット」のいいところは、ゆるやかに落ちていくんですよ。エステティシャンに聞くと、「1か月に1キロ減らすのがベスト」なんですって。だから、それぐらいを目安にすれば、あまり無理や我慢をすることなく続けられると思います。

――酒量はどうでしたか?

 いや、増えました(笑)。健康になって、むしろたくさん飲むようになりました。

――それでも、体重は減ったと。

 はい、そのままです。

伊藤かずえ2017(プロフィル用)

 伊藤かずえ【いとう・かずえ】

 1966年、横浜市生まれ。小学生の時、「内気な性格を変えよう」と、母親の勧めで劇団に入り、6歳から子役として活躍。81年映画「燃える勇者」のヒロインに抜擢(ばってきされ、84年放送の大映ドラマ「不良少女とよばれて」で演じたツッパリ少女役で脚光を浴びる。その後も「スクール☆ウォーズ」「ポニーテールはふり向かない」では主演を務め、大映ドラマに欠かせない存在になる。97年フジテレビ系「ナースのお仕事2」では、黒縁眼鏡姿の看護師役を好演した。現在は、映画・ドラマのみならず、旅番組やバラエティーなどで幅広く活躍。1女の母。40歳を過ぎた頃から太り始め、体調不良にも悩まされていたが、2016年、テレビのバラエティー番組でダイエット企画に挑戦し、大幅な減量に成功。今年6月に、自らのダイエット体験とレシピをまとめた「伊藤かずえが12キロやせたレシピ」(小学館)を上梓(じょうしした。

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード