ダイエットニュース@まとめ
ダイエットニュース@まとめ > 病気 > がん > 1週間でウエストマイナス3 !?|骨盤矯正ダイエット

1週間でウエストマイナス3 !?|骨盤矯正ダイエット


「骨盤矯正」とは日常生活のなかでゆがんでしまった骨盤を正しい位置に戻すこと。

効果的な骨盤矯正をするためのポイントは、寝るときの姿勢。骨盤矯正をするためには、正しく寝返りが打てることが重要なので、寝姿勢を意識すると、骨盤のゆがみが改善されやすくなります。今回は、アスカ鍼灸院院長の福辻鋭記先生に、骨盤のゆがみのセルフチェックから、骨盤矯正ストレッチまでお話を伺いました。

目次

  • 骨盤のゆがみをチェックする方法
  • 骨盤がゆがむ原因
  • 骨盤矯正をするメリット
  • 骨盤矯正のための正しい寝姿勢
  • 骨盤矯正ストレッチ

骨盤のゆがみをチェックする方法

骨盤のゆがみをチェックする女性

骨盤矯正とは、骨盤が傾いたり、反ったり、開いてしまうなど、ゆがんでしまった状態を正しい位置に戻すこと。まずは、自分の骨盤をチェックしてみましょう。以下にあてはまるものがあれば、骨盤矯正をしたほうがよいでしょう。

  • ヘソの位置が中心からずれている
  • 肩の高さが左右で違っている
  • (女性の場合)バストの大きさが左右で異なっている、乳首の位置が左右で違う

また、目を閉じて片足で垂直にジャンプする動きを繰り返して、「一定の場所から動いてしまわないか」をチェックすることも有効です。骨盤がゆがんでいると、定位置をキープできず、ジャンプしながらあちこちに移動してしまいます。

骨盤がゆがむ原因

骨盤がゆがむ姿勢をとる女性

骨盤がゆがんでしまうと、血流が滞り、むくみや冷え、生理不順などの原因になることがあります。ここでは、骨盤がゆがんでしまう原因を説明します。

日常的に悪い姿勢をとる

骨盤は日常生活の動作の影響で、傾いたり、開いたりしますが、睡眠中に自然と正しい位置にもどるものとされています。しかし、悪い姿勢をとり続けると、骨盤周辺の筋肉が硬直して動きが悪くなり、正しい位置に戻りにくくなって、ゆがみの原因となってしまいます。具体的には、以下のような姿勢です。

  • パソコン作業をするときに前屈みになる
  • 座るときに脚を組む
  • 一方の脚に重心をかけて立つ
  • 荷物をいつも同じ側の肩にかけている

上記のように一定の方向に負担をかけ続けていると、骨盤のゆがみが常態化しやすくなります。さらに、常態化が進むと、悪い姿勢でいる方が”楽”だと感じてしまうため、骨盤がゆがんだ位置で固定されてしまうこともあります。
 
「一般的に高齢になるほど筋肉が硬くなり、骨盤が元の位置に戻る力が弱まっていきます。近年では30代の若年層でも、スマートフォンを不自然な姿勢で操作したり、身体を動かす機会が少なくなったりすることもあって、骨盤がゆがんだままになっている人が増えています。『若いから大丈夫』と油断するのは禁物です」(福辻先生)

骨盤矯正をするメリット

体重計に乗る女性

骨盤矯正をすると、 太りにくい身体づくりや、O脚の改善、冷えや生理不順の改善につながります。ここでは、骨盤矯正をしたときのメリットについて説明します。

太りにくくなる

「骨盤がゆがむと、太ももの付け根にある『そけい部』の血液やリンパの流れが妨げられ、酸素や必要な栄養素が身体全体に行き渡らなくなり、代謝が落ちてしまいます。すると、老廃物が排出されにくくなることで体内に蓄積し、脂肪が付きやすくなって太りやすい身体になってしまうのです。また、老廃物の蓄積は、便秘やむくみ、肌荒れの原因にもなります」(福辻先生)
 
さらに、骨盤が開いたままになると、腰まわりの筋肉がゆるみ、骨盤に囲まれている内臓が本来あるべき位置より下がってしまうため、ポッコリお腹の原因に。肋骨の角度も押し広げられるため、余分な脂肪が付くスペースが生まれ、どんどん太りやすい身体になってしまいます。

O脚の改善

「骨盤矯正を行うと、骨盤とつながっている背骨が正しい位置に戻り、股関節の動きもよくなるため、猫背や、脚を短く見せるO脚の改善にもつながります」(福辻先生)

冷えや生理不順の改善

「骨盤がゆがむと、骨盤に囲まれている腸や膀胱、子宮や卵巣といった女性器の位置が本来の位置よりも下がってしまいます。この状態が続くと、血液やリンパの流れが妨げられるので、これらの臓器が本来の機能を果たせなくなるほか、慢性的な冷えの問題を抱えることになります。骨盤矯正をすると臓器が正しい位置に戻り臓器の働きが改善されたり、血行がよくなったりするので、冷えの改善、生理不順やPMS(月経前症候群)の解消にもつながるんです」(福辻先生)

骨盤矯正のための正しい寝姿勢

快眠する女性

寝るときの姿勢を工夫すると、ゆがんだ骨盤が正しい位置に戻りやすくなります。ここでは、骨盤矯正のために適した寝姿勢について解説します。

睡眠時の姿勢と骨盤の関係

福辻先生によると、寝返りを打つときに、ゆがんだ骨盤が正常な位置に戻るため、睡眠時は寝返りしやすい姿勢をとることが重要だといいます。
 
「人の身体は寝ているあいだに、日中の動作によってひずんだ骨や筋肉、関節を本来の状態に戻そうと働きます。寝返りは、寝ながら動くことで硬くなってしまった筋肉をゆるめ、骨盤や背骨の位置を無意識のうちに修正してくれる、自然な治癒行動です。そのため、寝返りを打ちやすい環境で睡眠をとることは、骨盤の矯正にはとても重要なことなのです。ベッドや布団は十分な広さを確保することが大切。パートナーやペットと一緒の寝具で寝ている場合は、大きめのサイズを選ぶとよいでしょう」(福辻先生)
 
さらに、睡眠中は骨盤矯正に最も適した時間なのだそう。
 
睡眠中は無意識に身体がリラックスしてゆるむため、骨や筋肉が動きやすい状態になっています。そのため、骨盤矯正に最適なタイミング。だからこそ、寝返りが打ちやすい環境を整えることが大切なのです」(福辻先生)

骨盤矯正に適切な寝姿勢

福辻先生は「自分の寝るときのクセを見直すことが、骨盤矯正しやすい状態にするポイント」と話します。
 
「いつも同じ向きや姿勢で寝ていると、骨盤がゆがみ、元に戻る力が弱まってしまいます。そこで、“いつもとは違う寝姿勢”で寝るように意識してみましょう。例えば、いつも右向きで寝るクセがあるなら左向きに、うつ伏せで寝るクセがあれば仰向けに。脚をクロスして寝るクセがある人は、クロスする脚を逆にしてみるだけでOKです」(福辻先生)
 
猫背や悪い姿勢がクセになってしまっている人は、筋肉が硬直して寝返りが打ちづらくなり、寝ている間も骨盤のゆがみを悪化させている可能性があるので要注意。寝ている間にスムーズに骨盤矯正するために、日中からよい姿勢でいることを心がけるようにしましょう。

骨盤矯正ストレッチ

気持ちよくストレッチをする女性

骨盤矯正は、継続して行うことが重要です。一時的に行うだけでは、すぐにゆがんだ状態に戻ってしまいます。ここでは、自宅で日常的にできる骨盤矯正ストレッチを紹介します。

寝たままできる骨盤矯正ストレッチ

ストレッチは寝る直前に行うのがベスト。特に、入浴後の、身体がほどよく温まって筋肉がゆるんだ状態のときに行うのがよいでしょう。パジャマに着替え、歯磨きをして寝る準備を整えておき、ストレッチの後はそのまま眠れるようにしておくと、入眠もスムーズになります」(福辻先生)

バスタオルを巻くだけ! 骨盤・背骨ストレッチ

バスタオルを2枚使った「バスタオル枕」で行うストレッチ。骨盤のゆがみとともに股関節のゆがみも正されるほか、身体の重みを利用した背骨のストレッチも同時にできます。
 
<バスタオル枕の作り方>
用意するもの:バスタオル2枚
 
(1) バスタオル2枚を、それぞれ4つ折りにして、横幅を約30cmにする。
(2) (1)を2枚重ねて、端から一緒に巻いていく。

※身体の重みでつぶれないように、固めに巻くのがコツ。高さは10cm程度にするのがベストですが、高すぎたり、低すぎたりする場合は、バスタオルの枚数や厚さを変えてみましょう。

バスタオル枕
ストレッチ方法
  • 腰の位置にバスタオル枕をセットする。
    骨盤矯正ストレッチ
  • そのまま身体を倒し、仰向けの状態になる。
    骨盤矯正ストレッチ
  • 両手を頭上に上げ、手のひらを下にして小指同士をくっつける。
    骨盤矯正ストレッチ
  • 両足の親指をくっつける。
    骨盤矯正ストレッチ
  • この状態で、1〜2分リラックスする。慣れてきたら3分、5分と時間を延ばしていく。

    ※ストレッチを行う際は、1日1回、最長でも5分までにしてください。長時間やりすぎると筋肉を痛めてしまうこともあるので、適度に行いましょう。

骨盤をキュッと引き締める! 脚のクロスストレッチ

広がってしまった骨盤を内側に寄せることで、股関節が引き締まり、ゆがみを解消することができます。

ストレッチ方法
  • 仰向けの状態から、膝を曲げないようにして右脚を左側にクロスさせ、10秒間ゆっくり呼吸をする。このとき、上半身が動かないように背中と肩を床面にしっかりつけること。
    脚のクロスストレッチ
  • (1)と同様に左脚を右側にクロスさせ、10秒間ゆっくり呼吸をする。
    脚のクロスストレッチ
  • (1)〜(2)を1セットとして、3〜5セット行う。

 
骨盤矯正ストレッチは3週間程度で、腰まわりのむくみやたるみの改善が実感できるといいます。早い人だと、約1週間でウエストが3cm減った人もいるそう。睡眠時の寝姿勢を意識しながら、ストレッチをうまく活用して骨盤矯正を行い、理想の体型を目指しましょう。
 
<参照>
福辻鋭記『たった一週間で 身長を3センチ伸ばし ウエストを5センチ減らす 骨盤・背骨ストレッチ』(アスコム)

photo:Getty Images

引用元:この記事を読む


おすすめダイエット商品

今人気のダイエット商品はコレ!。

01位

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★★★

GENKINGがプロデュースした青汁。全く我慢しないダイエットが出来ます。 今なら89%オフの680円でお試しできます。



キーワード